Useware

IPv6コンサルティングサービス

IPv4アドレスの枯渇問題に対応するため、お客様の環境に合わせたインフラやアプリケーションの「IPv6アドレス」化対応に向けたコンサルティングを実施

概 要

  • “IPv4アドレスの枯渇”について
  • 現在利用のIPv4アドレス体系は、新たにアドレスの取得ができなくなる事態となっています
  • 2011年2月3日に世界在庫が枯渇、2011年4月15日にはアジア・パシフィック地域の在庫が枯渇、現在新たなIPv4アドレスの割振りはプロバイダー等の企業が持つ在庫のみとなっています
  • IPv4アドレス枯渇による影響
  • IPv6アドレス体系の新規企業や新規ユーザは、IPv4アドレス体系で公開しているWeb環境へのアクセスができなくなります
  • お客様がIPv4アドレス体系でシステム拡張をする場合、新たなIPv4アドレスの取得ができないために拡張ができなくなります
  • アイ・ユー・ケイによる“IPv4アドレスの枯渇” 問題の解消、IPv6化対応の支援
  • お客様のシステム環境内のハードウェアやソフトウェアについてIPv6対応状況を調査し、IPv6アドレス化対応に向けたガイドラインを作成します
  • ガイドラインを作成することにより、どのような方法でIPv6化を行えばメリットがあるのかをお客様にご理解していただけます。また、IPv6化構築を行う際にスムーズに作業が進められます
  • ガイドラインの作成・提示だけでなく、IPv6アドレス体系のシステム環境の構築もお手伝いします

IPv4枯渇後のIPv6化未対応で起こる影響のイメージ図

特 長

  • IPv6化ガイドライン作成により、IPv6化へのスムーズな移行をお手伝いします
  • IPv6化の移行コストや運用コストが明確化されます
  • IPv4とIPv6の両方のユーザよりアクセス可能なシステム構築化ができます
  • IPv4とIPv6の対応可能なシステムを構築することにより、拡張継続が可能な社内システムになります

サービスメニュー

ハードウェアのIPv6対応状況の調査 アプリケーションのIPv6化方針の作成
インフラのIPv6化方針の作成 アプリケーションのIPv6化費用の算出
インフラのIPv6化概算費用の算出 IPv6化に向けた方針の作成・提示
業務システムごとのソフトウェアのIPv6対応状況の調査 IPv6化への構築支援