Public

公共土木工事積算システム

「基Ⅱ(もと つー)」 活用編

解る、はかどる、設計書作り
土木積算に必要なあらゆるデータと機能性を搭載

概 要

積算のキャリアを積んだ人はいままで通りの感覚で、はじめて取り組む人は積算の仕組みを容易に理解しながら。簡単な操作で、各省庁のルール通りの設計書が作成できる本格的な積算システムです。

各省庁の最新の積算基準に対応。独自の基準単価への変更もワンタッチ

各省庁の積算基準をサポート。道路・公園・水道から下水道まで、あらゆる公共工事の積算を可能にするシステムです。データベースに一位代価を内蔵、項目ごとに条件を設定する手間を省きました。任意の単価への変更も自在に行えます。

「基Ⅱ」がサポートする積算基準

  • [国土交通省]
    • 土木工事積算基準
    • 下水道工事積算基準(開削・推進・シールド・ポンプ場・処理場)
    • 日本推進技術協会(小口径・中大口径管推進・改築推進・鋼製さや管・取付管推進・立杭 等)
    • 個別推進協会(アイアンモール工法・ベビーモール工法・エースモール工法・スピーダ工法 等)
    • 下水道施設維持管理
    • 設計業務等標準積算基準
    • 災害査定設計標準歩掛
    • 港湾土木請負工事積算基準(港湾局)
    • 空港土木請負工事積算基準(航空局)
  • [厚生労働省]
    • 水道事業実務必携
  • [ 農林水産省 ]
    • 土地改良工事積算基準
    • 集落排水工事積算基準
    • 森林整備必携(治山・林道)

まるで手計算のような感覚で、数字を確実に積み上げていくことができる

該当する一位代価を検索・引用したら、それぞれの数量を入力していくだけ。「積算基準」のページをめくらなくても、マウス一つで快適&スピーディに設計書を作成することができます。
手計算による積算見積のキャリアを積んできた人はこれまで通りの感覚で、初めて積算に取り組む人は仕組みを理解しながら、予算編成に取り組めます。

ABC代価の各帳票、金抜き設計書をはじめ、多彩な設計書が出力できる

いったん入力したデータから、多彩な設計書を出力することができます。設定を変えるだけで、入札時に不可欠な金抜き印刷もOK。表計算ソフトのように一つひとつのフォーマットを一から作成する手間がないので、予算編成もスピーディです。なお、オプション(※)で各官庁・都道府県などの独自の帳票で出力することも可能です。
※ご要望に合わせ、フォーマットのプログラミングを承ります(有料)

出力できる設計書

  • 標準出力(内訳書・明細書・単価表)
  • 比較設計書(変更設計書)
  • 出来高設計書
  • 合算設計書
  • 分割設計書
  • 材料調書(使用材料一覧表)
  • 単価表一覧表(一位代価総括表)
  •  

単価の補正、計算式の任意の設定もフレキシブル。作業を快適にする支援機能も充実

夜間工事・冬期工事に伴う賃金の割増はプログラムで自動化。計算式の変数項目や小数点以下の端数処理など任意の設定なども自由に行えます。さらに、常用する単位の引用機能、アクシデントに備えての自動バックアップ機能など、多彩な支援機能も搭載しました。

公共土木工事積算システム

「基Ⅱ(もと つー)」 応用編

一歩進んだ機能性がデータの共有や一元管理を支援

概 要

Microsoft Excelと連携、LANなどのネットワークにも対応。作成したデータをより汎用性の高いデータとして使いこなしたり、より多くのスタッフ間で共有する機能も備えています。また、データの一元管理やセキュリティ管理を容易にする管理者バージョンもご用意しました。

Microsoft Excelに変換すれば、データの応用や共有がさらに容易に

Microsoft Excelと連動。作成した設計書データを汎用性の高いファイルに変換することができます。「基Ⅱ」を搭載していないPCでもファイルを利用できるので、スタッフ間の情報共有もスムーズです。

LANなどのネットワークにも対応。担当者間のコミュニケーションが快適に

LANなどのネットワークに組み込めば、部門内はもちろん、遠隔地のスタッフとの設計書の共有もスムーズです。また、管理者バージョンで一元管理された単価データなどを全員が活用することも可能になります。

年度替りには歩掛りデータをアップデート。過去の単価の呼び出しもOK

年度替わりには、各省庁の最新の積算基準に対応してデータベースをアップデート。データベースには過去の単価データも保存されているので、会計検査の際や、変更設計書・随意契約書を作成する際にもスムーズです。

データの一元管理やセキュリティのために、管理者バージョンをご用意

マスターデータの追加・変更は、管理者権限を有する人だけができるよう、専用のメニュー画面(管理者モード)をご用意しました。使用者モードとはパスワードで区別。基礎単価・施工単価などのマスターデータはこの管理者モードでしか操作できないので、データの一元管理やセキュリティ管理がいっそう容易になります。