ソリューション
運用支援

仮想化環境監視ツール「MoonWalker」

仮想サーバや物理サーバ、ネットワーク機器等のインフラを「見える化」することで運用・障害対応を一元管理

概 要

仮想サーバと物理サーバの稼働状況の「見える化」を実現します。 ネットワークから物理ノード・仮想ノード・サービスまでを「一元管理」します。 監視対象へのエージェントのインストールが不要のため、コスト削減が可能です。 ノード毎のリソース使用状況の数値情報をグラフ表示ができ、「見える化」を実現します。 コリレーション(相互関係)機能で、障害原因と影響範囲を迅速に把握して、運用作業の効率化を図ります。 仮想化環境の利用向上も支援します。 VLAN監視機能(オプション)もあります。   概要 拡大版はクリック

特 長

仮想システムの構成情報を「見える化」
仮想システム(物理システム)で展開されている業務サービスやアプリケーションの情報と、プラットホームの要素との紐付け(関係性情報)設定をします。 選択したノードから障害箇所を特定すると同時に、影響あるサービスを特定することが可能です。 複雑な仮想システムをお客様の環境に合わせて「見える化」を実現します。
高度な分析と分かりやすい操作画面

導入効果

障害発生から復旧までの時間が大幅に短縮できます

動作環境

MoonWalkerサーバ CPU:Xeon 2.3GHz(4コア以上)、メモリ:4GB、ディスク容量:100GB以上
OS:Cent OS 5.4〜5.8、Redhat Enterprise Linux 5
MoonWalker
クライアント
OS:Windows XP、Windows 7
Copyright(C) IUK INC. All Rights Reserved.